えっ!アクセサリーってピンクゴールドはNG??

ピンクゴールド

宝飾業界では「日本人の肌にはピンクゴールドがなじむ」とまことしやかに語られています。

本当にそうでしょうか? これはいったいどういう理論に基づいているのか、考えてみたことはありますか?

パーソナルカラー理論の観点からいえば、「半分は外れ、半分はまあまあ」となります。

これがちょっとしたアクセサリー程度なら、ま、いいかと思えても、一生もののファインジュエリーなら間違えたくはないですね。

なぜ、違うのか説明しましょう

人の肌の色は大まかに分けるとイエローベースとブルーベースのどちらかのベースカラーに属しています。

イエローベースとは頰の赤みがサーモンピンク系の人、ブルーベースとは頰の赤みがローズピンク系の人でしたね。

これは、黄色人種の日本人だけに当てはまるものではなく、肌の色が透き通るように白い人種でも、肌の色が黒い人種でも、

世界中の人がすべて同じようにイエローベースとブルーベースとに分類できます。

アクセサリーの色選びはイエローベースの人は黄みのあるゴールド系、ブルーベースの人は青みのあるシルバー系の色を使うと、

より肌の色に映え、そのアクセサリーもより高級に見えます。

ここまで読むとお気付きになった人もいらっしゃると思いますが、ピンクゴールドという色は、色だけで判断すると青みのあるピンクです。

つまり、ブルーベースに属しています。イエローベースの人が使っても肌の色になじみませんし、高級には見えません。

ピンクゴールドはブルーベースの人に似合うとまでは言いませんが、まだ適しているといえるでしょう。

そもそもブルーベースの人は、ゴールド系が得意ではありません。

シルバー系ばかりではなく、たまにはゴールド系のものを使いたいという考え方ならいいと思います。

ピンクゴールドを買うなら慎重にしましょう。

でもこのピンクゴールドはちょっとクセモノで、色を見ると夏タイプに属するようでいて、

キラキラしている場合は夏タイプには苦手なものとなります。かといって冬タイプに最適な色ともいえません。

使いこなすのは難しい色

ですが、もう一言付け加えるとするなら、10代や20代の若いうちは、あなたがたとえイエローベースに属していようと勢いで使えます。

なぜなら、肌がみずみずしく透明感があって綺麗なうちは、似合うものと似合わないものとの差が少ないからです。

年齢を重ねれば重ねるほど、この差は大きくなり、似合わないものが、はっきりわかるようになります。

アクセサリー売り場に行けばわかると思いますが、ピンクゴールドは、若い人向きの華奢なデザインが多いですね。

冒頭に書いた「日本人の肌にはピンクゴールドがなじむ」のではなく、

言い換えるなら「ブルーベースの肌にはピンクゴールドもなじむ」となりますね。

強い主張はできませんが。必ずしもピンクゴールドが日本人だけの肌になじむ色と限定した色ではありません。

ブルーベースの人であれば日本人に限らず、どんな肌の色の人にもなじみます。

ですが、私はあえておすすめはいたしません。若いうちはよくても、いつの日か似合わないと感じる日が訪れると思うからです。

あなたにぴったりの一生もののジュエリーが見つかりますように。