部下のモチベーションを上げるために抑えておきたい3つのポイント

モチベーション

問いかけで相手との信頼関係を築くことはもちろん、そこで共に働くスタッフのモチベーションを上げることも可能です。

ここで、問といかけでモチベーションを高める時のポイントをご紹介いたします。

1.相手の話をさえぎらない

会話の時に、人は「自分のことをわかってほしい」と無意識に願っているものです。

はじめは同僚の話を聴くつもりで話しかけたのに、気がついたら自分の方が話していたということはありませんか?

相手が話し始めたら、まずは聴き役に徹しましょう。話を途中でさえぎったり、否定しないことを意識しましょう。


2.できることを伸ばしてあげる

人は、他人の「マイナス面」が目につく生き物です。

特に、上司と部下の関係ではその傾向が強くなりがちです。当たり前にできていることを褒めている人を目にすることはありません。

「できて当たり前」と捉えられているからです。教える側のスタンスとしては、

相手のできていないことを指摘する方が、相手の長所を伸ばして未来に向けて育成することより楽です。

ですがそれでは、残念ながら部下の成長は望めません。本来は、できないことを指摘して直させるより、

長所を伸ばす方が部下のモチベーションは高まり、成績も上がってくるものです。上司には待つという忍耐が必要です。


3.こまめにねぎらう

上司からちょっとしたねぎらいの言葉があれば、少しぐらい大変なことがあっても、部下のモチベーションは下がりません。

「よく頑張っていますね」

「●●さんがいつも△△してくれているから助かっています」

「成長してくれてうれしいです」などと声をかけてあげてください。

部下は、「自分の成長を見ていてくれているんだ。頑張ろう!」という気持ちになれるものです。

そして、この上司の下でなら頑張れる!

という気持ちになっていくものです。

できる上司は、大抵これらができています。

「褒める」より「勇気づけ」がベターです。勇気づけとは、本人の自立を前提にしています。

それでもスタッフのやる気が見えない時はあるものです。

ここで、スタッフのやる気が見えない時はどんな時なのかを、問といかけで考えてみましょう。

上司としては、スタッフに「やる気を出してほしい」と思うのは当然のことです。

ですが、相手を変えようとしても、それは至難の業です。あなたのエネルギーが枯渇していきます。