引越しのプロが教える!引越し前から家に求めるテーマを決めてみる!

凸凹を無くして掃除を楽に

まず、掃除を楽にするために考えたのが、凸凹を少なくすることでした。

モノが外にたくさん出ていれば埃を取り除く掃除が増えます。

水ハネや油ハネを拭き取るにも何かを出したりしまったりすることは面倒。

掃除機をかけるときも床の何かを動かしながらなんて無理。

これまで何度も「ちゃんと掃除をしよう」と決意しても結局は面倒がって放置して汚れが溜まりお手上げになってきました。

そんな面倒くさがりの私が楽に掃除するには、極力モノは収めておいて

表の凸凹が少なくなるように部屋を作ることが欠かせないと考えたからです。

収納計画

そのため引越し前から、すべてを収納部に収めることを前提に収納計画をたてました。

例えば、何度も掃除で苦労したキッチンのワークトップは「何にも無し」になるよう、

まな板もケトルもコーヒーメーカーもしまい込む場所があります。

以前の部屋ではキッチンが狭く、ワークトップには炊飯器とコーヒーメーカーは置きっぱなし。

調理中の油ハネとホコリにまみれて触るのもイヤになるくらいに汚れてしまいました。

こまめに拭けば問題ないのですが、忙しくなると、すぐ掃除に手が回らなくなるので、

頑張らないとできないことは、続かないと痛感したのです。

掃除するモノを少なくするためにも、出しっぱなしをやめて収めてしまえば汚れない。

フラットな状態にすればワークトップの拭き掃除をする面倒くささも解消されるのです。

同じ理由から、水や石鹸カスがはねて汚れやすい洗面台の周りも「何も無し」にするべく

歯ブラシもシェーバーも鏡裏の収納にしまい込んでいます。