引越しのプロが教える!準備不足で残念な引越しにならないために。

準備不足が招くダメダメな引越し

梱包が間に合わなくて、とりあえずでダンボールに詰め込んだ引越し。

荷物の中身もわからず、手当たり次第に箱を開けても必要なものが見つけられず、入居翌朝からストレスでイライラした引越し。

部屋が広くなる! と喜んだのに、収納が使いこなせずモノが溢れて部屋が狭くなった引越し。

想定した場所に荷物が入らず、がっかりして投げやりな気持ちになった引越し。これらに共通して言えるのは「準備不足」。

ダンボールに箱詰めする荷造りが間に合わないことは確かに準備不足だよね、と考えることができても、

収納が使いこなせないことや、荷物が置けないことも準備不足なの? と疑問に思われるかもしれませんね。

引越しが荷物を右から左に移動させるだけと思えば、ダンボールへの箱詰めだけが引越し準備となりますが、

引越しは暮らしを新たに作ることと考えると、準備で解決できることがたくさんあるのです。

・新居に運び込む荷物を選別しておくことで、箱詰めは「詰める」ことに集中できたでしょう

・部屋の入り口、収納サイズを測っておくことで、新居に置けるもの、収納に収められるアイテムを把握できたでしょう

・新居でどんな暮らしをしたいか考えることで、荷物の置き場や収納の使い方を計画できたでしょう

・何でも持ち込むのではなく、お気に入りはどれか、何が必要ないのか考えることでもっと楽しい空間になったでしょう

そう、引越し準備において物理的で作業的な要素は欠かすことができません。

もっと前に新居での暮らし方を考える準備が大切

「新居に移れば片付くはず!」と、他力本願に引越ししていたからこそわかります。新居は片付けてくれません。

空間が勝手に部屋を整えてはくれません。結局のところ暮らす人の在り方が住まいに表れるのです。

だからこそ、「どんな風に暮らしたいのか」自分の気持ちが問われるのだと思います。

この気持ちを整理すること、思考の整理をすることは新居で快適に暮らすために欠かすことのできないことなのです。

「次の引越しこそ、満足いくものにしたい!」もう、引越しのたびに自分を責めたり、

申し訳なく荷物を送りだしたり、入居早々から自暴自棄になるのは嫌だ。

強く心に誓い、引越し10回目にして、初めて引越し前から綿密な準備をして臨んだのです。

それは、今までの引越しとは違う体験でした。