補正ケアなしで爪を改善していく方法!

食事を見直すと補正ケアなしでも爪は改善していく

とは言いつつも、私の言葉に耳を傾けてくださるお客様も、少なからず中にはいらっしゃいます。

日頃の食事や口にしているものをお尋ねして、できる程度の改善策をお伝えします。

もちろん全部は難しいかもしれませんが、体というものは不思議なもので、

何か少しでも改善するだけで結果が出ることはよくあります。

栄養が足りると最後に爪がきれいになる

ですから、途中経過では、食事を改善してもなかなか爪には結果が出にくいのです。

なぜなら、爪は甘皮の下にある爪そうぼ母という爪の工場で作られていて、生まれてからしばらくして表面に押し出されます。

爪が改善していても目に見えるのは、数カ月後になります。

ですが先に、体になんらかの変化があるのを実感できると、頑張れるようです。

爪以外の改善例を挙げると、風邪を引かなくなった、または風邪を引いてもすぐ治る、

立ちくらみがなくなった、朝目覚めがよくなった、階段を上っても前より息が上がらなくなった、

頭痛が減ってきた、脚がつらなくなった(こむら返りが無くなった)、肌が潤うようになった、顔色がよくなった、

生理痛が軽くなった、疲れにくくなった、花粉症が気にならなくなった、集中力がついた、ダイエットしなくても痩せた、

前より甘いものが必要ではなくなったなどです(サロンでのお客様から頂いた報告です)。

そうなると、ご本人様も食事の大切さが身にしみてくるので、食生活を正し続けられるようになります。

すると、だんだん根元からきれいな爪が育ってくる。

そこまで実感が得られれば、あとはその食生活を継続するだけです。