会社に一番貢献する方法はコチラ!本当にあった話。

会社に最も貢献する方法

あなたは、本当に心から会社に貢献していますか?

本当に心から会社に貢献している人はどれだけいるのでしょう?

多くの方が会社組織に属し、会社や上司の方針に従い、その上で結果を出すことが求められていると思います。

それが組織の形として当然で、組織に貢献することが一つの仕事ですから。

しかし、会社にもっとも貢献するには、大きくて大切な条件を必要とします。それがなければ貢献できても、心にわだかまりが残ります。

そのわだかまりがなく貢献するための大切な条件、それは、会社の方針が「心基準」に準じていることです。

心基準に関しては、基礎編第4章でお伝えした通りです。

世の中には、お客様を尊重している方針の組織が多々あり、それは素晴らしいことです。

しかし、実際は、利益や売り上げを追求している「数字経営」組織が多いようです。

私自身もそのような組織にいたことがありましたからそれを感じます。

当初は会社方針を実践していましたけれども、時間が経つにつれ疑問が湧き、それが蓄積した結果、私は自分の心基準を信じて、

満足の追求と従業員を大切にする方針に切り替えました。

自分を信じることに

すると驚くことが起き始めたのです。

「従業員満足度」「顧客満足度」「売り上げ」すべてが上昇し、結果的には、従業員、お客様、会社、自分、すべてが喜ぶことにつながり、

会社に貢献することができたのです。予想外の出来事に本当に驚きの連続でした。

会社の方針に従わないことは、推奨しがたいことではありますけれども、心基準、

つまり、自分を信じることが会社に貢献することにつながったのです。

時には風当たりがいいとは言えないこともありました。しかし、自分自身を信じ、結果を伴い、それが自信となり、確信となりました。

このことは、私のブログで最も読まれている記事の内容でもありますので、興味のある方は「会社に一番貢献する方法」で検索してみてください。

あなたは自分を信じることができるでしょうか?

※ 利益「勘定」より人の「感情」

※ 「自」分を「信」じる、それが「自信」