筋肉と脂肪を理解しよう!

身体に蓄えられた脂肪

気になる脂肪の話ですが、人体には脂肪も重要な役割があるのです。

「体脂肪」はご存じの通り、身体に蓄えられた脂肪のことです。

そして体重に占める割合を「体脂肪率」といいます。

皮膚の内側に着く脂肪「皮下脂肪」は体の表面を覆うように存在し、体温調整の役目があります。

男女比も少し違い、女性はふくよか、柔らかい感じですね。

もう一つ内臓脂肪というのは内臓の周りにつきます。内臓脂肪は脂肪細胞という細胞に変わり蓄えられていきます。それが中性脂肪です。

脂肪と聞くと、それだけで眉間にしわがよってしまう方も多いでしょうが、身体の中における脂肪の役割は、

かなり重要な位置を占めていて、脂肪(脂質)は、炭水化物(糖質)、タンパク質と並ぶ食物の三大栄養素の一つです。

しかし必要な量以外は内臓脂肪や皮下脂肪として肥満の原因になるのです。

筋肉と脂肪はどちらが重いでしょうか?

正解は筋肉です。

ダイエットで体重を落としたいとよく聞きますが、筋トレをして筋肉量を増やし脂肪を燃焼させるのですが、

体重はそこまで落ちていないのに体型が変わった!

これが理想なのですね。