1日最低限の運動を規則正しくして〇〇〇を高める!

運動と食べること

人が生きていくためには当然食べなければいけません。衣・食・住、人が生活をしていく上で必要な基礎です。

衣は一番に必要だといいますね。それは衣類を身にまとい体温を調節し食す、

そして身を休めるための住居が生きていくためには必要不可欠だとされているからです。

衣については現代では老若男女、個性豊かなスタイルを楽しめる時代になりました。

暑さに強い人、弱い人、寒さに強い人、弱い人などそれぞれですね。体温調節も衣類を脱ぎ着します。

食べることで人はエネルギーを使います。

食べて体温が上がると汗をかき体温調節をしているわけですが、平均体温は約37度といわれていてこれが上昇すると体調を壊すのです。

その指令は脳の役割です。なんらかの異常があると脳からのサインが出て身体に異変を知らせます。

体温調整もそうですが食べ物を食べて栄養をエネルギーに変えて運動をすることを代謝といい、

このときの運動に使われなかった残りのエネルギーは熱に変換され体温維持に使われるのです。

ですから食べることは生きていく上でとても重要なのです。

食べてエネルギーに変えて排泄し、必要なものだけを蓄えながら生命を維持する単純なことの繰り返しで人は生きているのですが、

その食べ物の量、質が人それぞれ違い、なおかつ運動量の違いなどで生活習慣病などを発症してしまうのです。

1日最低限の運動を規則正しく毎日行えば免れる

では規則正しく日々を送るために改善していくにはどうすればいいでしょうか。

再度、自分の基礎代謝から見直していきましょう。

基礎代謝とは?じっとしていてもエネルギーは使うのですが息をする、眠る、など生きていく上で必要なエネルギーのことです。

この基礎代謝を上げて活動量を考えていくことが大事ですね。基礎代謝を上げるということは筋肉量を上げるということです。

筋肉量を上げると太りにくくなります。そこに運動を取り入れることでキープできるわけですね。