人の体は思ったより単純、理解して自分で守りましょう!

そもそも人は単純

人の暮らしの仕組みですが実はとても単純なものなのです。

食事をしなければ人は生きていけません。ですから食べる、寝る、この二つをもとに生活をしていくわけです。

昔まだ人が原人だったころは、生きていくために狩りをして食べることのために山や森で暮らしていたわけです。

現在もこの原始人食ダイエットというものがあります。またの名をpaleo dietと言います。

これは原人の食事のようなものなのですが肉、果物、野菜など炭水化物や加工品はありません。

今でいう炭水化物制限に似ていますが、当時の食事は果物の糖質は制限なしなのです。

人のエネルギー減である糖質は含まれていたのですね。

人体には水が多く含まれる

それから水です。「人の身体は水でできているのか?」と思うほど人体には水が多く含まれているのです。

特に女性は食事の際にもあまり水分を取らない方が多いかと思います。人体は不思議とよくできているもので、

減った水分と同じだけ水を溜め込もうとします。血液の濃度も関係しますから、

尿や汗で排出されることも考えると1日に必要な水分量は補充していかなければなりません。

水を飲むとむくむのでは?と心配になるかもしれませんが、

水分量も関係しているので水分が足らなければ逆に悪い影響になりかねません。

血液はサラサラでなければうまく流れないし、流れが悪くなり皮膚の下に溜まったものがむくみなのです。

こまめにお水は飲んでくださいね。

話が飛びましたが人の暮らしはみんなそれぞれ違うのですが、

自分に最適な方法を考えていくことがとても重要なことではないでしょうか。

自分の身は自分で守りましょう。