たるまない身体を理解する!ポイントをわかりやすく解説!

たるまない身体を維持するには・・・

身体の側面(体側)をいい状態に保つことも大切なポイントになります。

日常生活を振り返っていただくと、普段身体の横を伸ばす動きはほとんどしないことに気づくはずです。

ですから、特に意識もせず年月を積み重ねていった身体は体側が硬く可動範囲が狭まっていることが多いです。

上半身の骨格は肋骨と骨盤の間は椎骨が真ん中を通っているだけなので、胴体をぐるりと囲んだ自前の筋肉コルセットが支えています。

この筋肉コルセットの支えが弱り硬くなってしまうと体側面の肋骨と骨盤の距離が縮んで引っ付いたようになります。

こうなると、動作時に本来起こるはずの骨盤の揺らぎが制限されるとともに肩甲骨の動きも悪くなります。

骨盤や肩甲骨の可動制限は、あらゆる動作をコンパクトにし、体幹と四肢や首との連動を止めてしまいます。

そして、インナーユニットは圧迫されてうまく使われないので硬く縮まってしまい、

体幹の筋力で身体を支える機能は弱まり姿勢の崩れを招きます。

また、圧迫を受け可動範囲の狭まった骨盤周囲や肩甲骨周囲は脂肪がつきやすくなり中年体形に近づいていきます。

局所的に脂肪がついてしまうのは、その下の筋肉が固まって動けなくなってしまうのが1つの原因です。

贅肉をなくそうと食事制限を始めても、落としたい部分の贅肉が減ってはくれません。

筋トレをするにしてもその前に、脂肪の下にある筋肉を緩め、可動制限を解消していくことが大切です。

そして、本来の身体の動きの連動性を取り戻し、その上で局所の筋トレをすれば効果が感じられると思います。

運動を日頃している人でも下腹部の脂肪はなかなか落とせないとおっしゃいます。

運動をしていても、日頃の姿勢が原因で、骨盤と肋骨の幅が狭まり胴回りの筋肉コルセットを縮めている方がほとんどなのです。

この部分の可動が正常になれば、おなかはすっきりしてくるはずです。

体側を伸ばすのは、簡単なコツさえつかんでいただければそれほど難しくない

まず、足を肩幅に開いて立ちます。腰骨(腸骨稜)に手を乗せ、腰骨についている筋肉を伸ばすように

軽く左右に上半身を倒します。少しずつ伸びる感覚を味わってください。

少しだけ上半身をひねって角度を変えると伸ばされる筋肉が変わってきます。

今度はゆっくりと上半身の重みを利用して体側を伸ばしていきます。

伸ばすのと反対側の上肢は腰から外して自然に垂らします。

引っ張るのではなく、手の重みで反対側の体側が伸ばされるような感覚です。

このとき注意したいのは、垂らした側の肩に力が入らないようにすることです。

今度は体側を伸ばしているときに伸ばされている側の上肢を耳の横ぐらいまで上げてさらに

体側が伸びる感覚を味わってください(無理はしないでください)。

余裕がある方は反対の手で上に来ている上肢をゆっくり引っ張ってみましょう。

すべての工程で、倒すことを目的には絶対にしないでください。

たくさん倒そうとすると、ひねりが入ってくる場合がありますが、きちんと身体の側面を伸ばすことが重要です。

じんわりと上半身が伸びている感触を味わうことが重要

立っているときも座っているときも、今伸ばしていただいた身体の側面を潰さないように意識しましょう。

この章でお伝えしたポイントは、年齢を重ねていくと働きが悪くなる、そして筋力が落ちてしまう共通ポイントです。

事前に知識を持ちこまめに使っていけば、極端な姿勢の崩れは避けられるはずです。

しかし、あまり完璧を求めすぎるのもよくありません。

どうしても10代や20代の身体には戻れませんし、年齢相応になってしまうのを否定しすぎると無理が生じます。

私はその年齢の中で元気で生き生きしている人が美しいと思っています。

身体は一人ひとり個性があっていいのです。それぐらいの気持ちの余裕を持って楽しみましょう。