カウンセラーとの相性ってあるの??

相性の良し悪しを事前に測ることは難しいものです

柔らかく優しいカウンセラーを求める方ばかりではなく、

多少強引な面があってもリードしてくれるカウンセラーの方が話しやすいという方もいらっしゃいます。

まず実際に会って話をすると、心の内側をどれだけ話せるカウンセラーなのか?というある程度の判断はできるはずです。

心理療法を深く学んでいくと、自分たちを律する意味で、

「話しやすいだけではダメ。クライエントにどんな援助ができるかを絶えず考え、実行してこそ意味がある」

との認識が芽生えやすいのですが、それはカウンセラーサイドの問題であり、

悩み深い時にはまずは話しやすいカウンセラーを選ぶことが大切です。

相性を確かめる意味でも、初回のカウンセリングはお見合いだと思って、

一歩を踏み出していただけると、とても嬉しく感じます。

「センス」が必要?

また、原則二人だけの濃い時間を有効に過ごすには、安心した空気感をクライエントに応じて醸し出せるような

「センス」が必要であるとも感じています。それは、生まれ持ったものであったり、

社会経験を積むことで得た雰囲気であったりと、得ようとしてすぐに得られるものではありません。

クライエント側から考えると、豊富な知識や臨床経験に加えて、このような感覚を持ったカウンセラーと出会うことができれば、

人生はより楽しく幸せなものになると思います。