傷病手当金と障害年金の違いはなんですか?

傷病手当金

傷病手当金は、病気やケガで就業できない方に対して、1年6カ月を限度に前年給与平均の

約3分の2の金額が支払われるものです。病気やケガに関わるので障害年金と混同されがちですが、

傷病手当金は会社などの健康保険組合で義務付けられている給付金です。

そのため障害年金とは管轄が違います。

制度の内容もいくつか異なります

受給の基準が「労働ができるか・できないか」になるのです。障害年金は就労していても受給できますが、

傷病手当金は復職した場合には受給が止まります。

もし症状が改善しなくとも、1年6カ月を過ぎれば受給は打ち切られてしまいます。

ただし、仕事を辞めてしまっても1年6カ月間は受給できます。

そこで、1年6カ月以内に治療が望めないようなら、傷病手当金の受給中に障害年金の手続きをすることをおすすめします。

また障害年金は一度請求をすれば、少なくとも1年は再請求の手続きが要りませんが、

傷病手当金は通常月単位で手続きが発生することも、両者が異なる点です。