経営は信頼できるコンサルタントに巡り会うことで劇的に変わる!

コンサルティングを受ける意味

会社の大小にかかわらず、その会社のトップが専任のコンサルタントをつけているという話は聞いたことがあるのではないでしょうか。

専門のコンサルタントをつけることには大きな意味があります。

サロンオープン1年目の私は、コンサルティングを受ける意味がわかっていませんでした。

むしろ「自分(サロン)のことなのに、どうして他人に聞くんだろう」とさえ思っていました。

今以上に大きなビジネスにしたいと思ったとき、自分だけの考えや知識だけではやがて限界が来ます。

私はコンサルタントのアドバイスのおかげで、売上、仕事の幅ともに大きく飛躍し、

安定したサロン経営をすることができるようになりました。

迷ったとき、先が見えなくなったときは、自分より先を行く人、専門的な知識を持った人に聞く方が早く答えを得られます。

また、自分では客観的に自分や自分のビジネスを見ることは難しいのですが、

コンサルタントは、「私のビジネス」を客観的視点で見てくれるので、進むべき方向を示してくれ、

自分の想像を超えるアイディアも提案してくれます。

コンサルティングという言葉を聞くと堅苦しい?

いざ相談しようとすると、相手のすごさに負けて、思わず見栄を張ってしまうこともあるかもしれません

(現状より多い額の売上があると伝えてしまうなど……)。

あなたがもし、迷いが出たり、今以上に飛躍したいと思ったら、ぜひ信頼できるコンサルタントに依頼してください。

そして依頼する際は、見栄を張ることも、引け目に感じる必要もありません。

コンサルタントを「一番信頼できて、一番仲のいい相談相手」と思い、悩んでいること、そしてこれから先の夢を伝えてください。

実際、私が相談を受けるときには、「あなたの一番の相談相手になりたい」と思ってコンサルティングをしています。

そして、皆さん2倍以上の売上を手にしたり、夢を叶えたりと、望む方向へ進んでいます。

私自身今でも、早くコンサルティングを受けていたら、回り道も失敗もせず早く成功を手に入れられたのではないかと思います。

信頼できるコンサルタントに巡り会い、そしてあなたの夢を最短で叶えてください。