「うつ」は家族や周りの理解や協力で回復経過が大きく左右される!

「うつ」周りの協力やサポート

家族や知人の誰かが「うつ」になった場合、周りの方がサポートすることがとても大切になります。

というのは、家族や周りの理解や協力、サポートのあるなしで、回復経過が大きく左右されるからです。

「うつ」は周りの無理解な言動が症状を悪化させ、回復を遅らせることもあります。

「うつ」はゆっくり静養することが一番大切です。特に家族の協力が欠かせません。

また、「うつ」の方は、真面目で責任感の強い性格のため、家族や会社に迷惑をかけて、申し訳ないと思っていることが多いものです。

その辛さは、本人にしか、なかなか分かりづらいものです。身近な家族が理解を示し、

寄り添っていくことで、本人の気持ちを支えてあげることが大切になります。

「うつ」に関して知っておいてほしい内容としては、

*病気であるが、本人は心配かけまいと無理を続けていた。

*心身のエネルギーが乏しいのは、病気であることを共に知る。

*誰もがかかる可能性があるのが「うつ」である。

*「うつ」は薬物治療と休養、栄養が大切である。

*おっくう感や引きこもりの段階では、無理な活動の声かけはしない。

*焦りはまだ症状が残っている証拠であり、退屈感がでるまで出勤や登校は控える。

*再発予防のため、勝手に薬は止めない。

等があります。

これらのことは本人や家族また職場の仲間・上司の方も再確認し、知っていただきたい項目です。

周りのサポートの例では、Kさんという方は職場の環境から「うつ」を発症しました。

Kさんは生真面目で、几帳面、自己主張をしない、周りの評価が気になるなどの性格の方です。

Kさんの職場では、Kさんの上司は、良かれと思って、休養中も励ましの電話をしていたことで、

Kさんは自宅で休養中携帯が鳴る度いやな思いをし、携帯にでることができなくなりました。

このように、良かれという思いで連絡をしていたことが、本人にとっては辛い出来事になるという事例があります。

職場の方は、上司であれ、仲間であれ、本人に連絡しても良いのかの確認をされてからの対応が望ましいと思います。