活性酸素とお肌の関係、知られざる活性酸素の秘密!

活性酸素とお肌、どんな関係があるの?

活性酸素と聞くと、活性という言葉がお肌を元気にするようないい印象がありますよね。

でも、違うんです。

この活性酸素というのは、老化やさまざまなトラブルをひっぱってくる厄介者なのです。

しかし、この活性酸素は、体内に入ってきたウイルスや細菌をやっつけてくれたりと

いい所もあるんですよ。

ただ増えすぎると細胞にダメージを与えてしまい老化のステージにステップアップしていくのです。

活性酸素とは簡単にいうと、お肌を酸化(錆び)させる物質のことをいいます。

その活性酸素…。

活性酸素は酸素を吸うと、自然に発生してしまうのです。

呼吸をして取り入れた酸素の約2%が活性酸素になるといわれています。

活性酸素はお肌を錆びさせてしまう、まっぴらごめんの酸素です。

書きたくないけど…細胞の酸化=老化に繋がってしまうのです。

活性酸素によりシワやたるみ、シミなど…。

女性が好ましくない肌サインが現れてくるのです。

ではこの厄介者であり、私たち自身からでてくる活性酸素とのお付き合いの仕方とは…。

それは、ストレス・喫煙・紫外線・激しい運動・食生活の乱れなどに気をつけて

抗酸化力がアップする食品を摂ることです。

抗酸化力をアップさせてくれる、強い味方の抗酸化物質には

ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEなどが、あります。

このビタミントリオを、ビタミンエース(英語でACE)と覚えてくださいね。

そしてポリフェノールも、GOODですよ。