覚えておきたいクレンジングの手順!【女性向け保存版】

愛菜′S ホームケア ワンポイントアドバイス

クレンジングのポイント…

①目元・口元のメイクには、クレンジングの前にポイントメイクリムーバーを使いましょう。

落ちにくい目元・口元のポイントメイクは、ゴシゴシとクレンジングでこすらず、

ポイントメイクリムーバーを使って、落としましょう。

ポイントメイクを落とすときは、やわらかいコットンにポイントメイクリムーバーをつけて、

やさしいタッチで、ポイントメイクを落としましょう。

ポイントメイクを落とすときアイシャドーやマスカラなどの目元のメイクは、

目元のメイクだけをポイントメイクリムーバーをつけたコットンで落とし、口紅やグロスなどの口元のメイクは、

口元のメイクだけをポイントメイクリムーバーをつけたコットンで落としましょう。

口元のメイクを落としたコットンで、目元のメイクを落としたりすると、

目元にグロスや口紅がつき、せっかくのメイク落としがめちゃくちゃになってしまいます…。

②クレンジングは、1分以内に終えましょう。

クレンジングは、お肌の汚れを落とすのが目的です。

クレンジング時にマッサージをするのはNGです。

なぜなら…

・クレンジングには界面活性剤が入っているので、洗浄という役割を終わらせたらすぐに落とす方がお肌にはやさしいのです。

・クレンジングは、お肌の汚れを浮かして落とします。

浮いてきた汚れでのマッサージは、またまた汚れをお肌に押し込んでしまいます。

そのため、クレンジング時のマッサージはNGなのです。

③クレンジングは、500円玉大ぐらいの量で行いましょう。

クレンジングの量も大切です。

多すぎても、もったいないし…。

少なすぎてもお肌に負担がかかったり、汚れが落ちていなかったりします。

④クレンジングは、ぬるま湯で流しましょう。

・32度前後が、ベターといわれます。クレンジング時に常に温度は測れませんが32度前後の温度なんだ~と、

参考にしていただき

クレンジングを洗い流してくださいね。

・シャワーを直接お顔にかけて洗い流すのはNGです。

水圧でお肌に負担がかかります。とりあえず、刺激になることはNGです。

⑤クレンジングは、ゴシゴシこすらずに、やさしくソフトに行いましょう。

お肌の角質層は、たった0・02㎜ぐらいです。

お肌はとっても薄いので、やさしいタッチでも汚れは落とせます。

きれいにしようと思うと、ついつい力が入ってしまいますよね。

私も女性、よくわかります。

そこをぐっとこらえて、やさしく愛情タッチでクレンジングをしてくださいね。