生涯を通じて必要な住宅資金を考えよう!

住宅資金といえば、住宅ローンのことを想定する方は多いのですが、

「あなたにとって、生涯を通じて必要な住宅資金は?」と問いかけると、お答えいただける方は少なくなります。

実はこの視点はとても大切です。すでに持ち家にお住まいの方はご存知でしょうが、

持ち家では住宅ローン以外に必要なお金があります。

「生涯を通じて必要な住宅資金」

「生涯を通じて必要な住宅資金」とは、次の総合計金額です。

「家賃」+「頭金」+「借入額」+「金利」+「税金(固定資産税・都市計画税)」+「修繕費・管理費」+「増改築」

賃貸住宅にお住まいの方は、家賃さえ払っていれば、それ以外のものは支払わずに済みます。

ただ、一生涯家賃を支払い続ける必要があります。お住まいの地域や物件によっては定期的に更新料が必要かもしれません。

老後の年金と退職金で支払い続けることが可能な物件選びがポイントとなるでしょう。

住宅を購入すると、まず住宅ローン(借入金+金利)を毎月分割で支払うことになります。

そして、不動産を所有すると税金とのお付き合いが始まります。その税金とは、固定資産税と都市計画税。

地域、広さ、築年数、マンションか戸建てかによって違うものですが、毎年10万円~20万円程度の出費となるでしょう。

修繕費や管理費・・・マンションの方は必須

これらは、新築の時よりも年月が経過するにつれて値上がりするので覚悟しておきましょう。

「うちは一戸建てなので修繕積立金は必要ない」とは言わないでください。例えば、30歳で新築住宅を購入し、

人生を80年とすると終末期には築50年の古い家になります。どんなに立派な住宅であっても、

50年もの間には、水回りの設備、屋根や外壁などに必ず修繕が必要となります。一国一城の主である限り、

その費用は自分で捻出する必要があります。増改築は、必ずしも行う必要のない贅沢工事と言えるかもしれません。

しかし、家族の成長とともにライフスタイルが変わり、今の間取りに不満が出てくることは大いに考えられます。

また、ここまで住まいのお金について述べましたが、住まいさえ問題なければ幸せという訳ではないでしょう。

子どもの教育費も必要で、楽しみのためのお金も必要なはずです。老後資金に不安がある方もいるでしょう。

おおまかでよいのでライフプランを立て、いつ・何に・どの程度の予算を配分するかを考えてみることが大切です。

ライフプラン表は、住宅販売業者さんや保険ショップでも無料で書いてもらえますが、自分で計画することが肝要です。

他でもないあなたの人生。あらゆる想像力を総動員して、生涯を通じてあなたが使ってもよいと思う住宅資金を考えてみましょう。