持ち家か賃貸、どっちがいいの?お金のプロが教えます!

買うか借りるか、どっちがおトク?

私の答えを端的にいうと「損か得かで家を買うな!」となります。

巷には「持ち家は資産になる」という話があります。

これは昭和の時代に買ってローンを支払ってきた世代の方に言えることで、今の時代には通用しません。

家を買ったら買った時点で自分のものと思いがちですが、実際は住宅ローンには抵当権がつけられ、

ローンを払い終わるまでは銀行に権利があるのです。この抵当権が外れた後が実際にあなたの資産になるのですが、

その頃には築数十年の古い家。今の時代、本当に価値がある資産となり得るのでしょうか?

昭和の時代はほとんどの場合、数十年後には買った時以上に地価が上がったので、借金してでも買う意味があったのです。

今は資産価値を維持するには、よほど土地を選び、建物も長期優良住宅などで資産価値を意識して建てないと、

資産とは呼べなくなってきています。後に、子や孫が喜んで引き継いでくれればよいのですが、

子や孫が巣立ち、その家に愛着を持ってくれなければ、

あなたの亡き後は固定資産税や管理コストの負担を感じる負の資産となります。

資産になるからとマンション購入を勧められているのですがどうでしょう?

実際の相談でも、おひとりさまの女性が「資産になるからとマンション購入を勧められているのですがどうでしょう?」と来られることがあります。

「その資産、誰に残すのですか?」と聞けば、多くは親と兄弟姉妹。

「では、みんなでどうやって分けるのですか?」と聞けば「…」金融資産で残すほうが分けやすい、と気付くことになります。

また、老後に一人では暮らせない健康状態になった時は、金融資産であれば、有料老人ホームの資金となります。

不動産は思った時に、思った値段で必ず売れるという保障はどこにもありません。

だから、おひとりさまは家を買ってはいけないと言っている訳ではないのです。

老後もずっと家賃を払う不安から解消されたい、ローン返済は老後と呼ばれる時期までに完済が見込める、

インテリアにこだわることが趣味で快適に暮らしたいなら買い!

「資産になるから買う」という理由がよろしくないと申し上げます。

持ち家か賃貸どちらがおトクかを実際計算してみても、やっぱり大差はありません。

賃貸は家賃が高い、子どもが独立して家が広すぎると思えば、家賃の安いところに引っ越すことが可能です。

持ち家は返済が終わるまでローンの支払いを逃れることはできませんが、間取りや内装は自由に変えられます。

何が自由で、何が拘束されてもいいのか、あなたの価値観で選んでも良いのかもしれません。

賃貸、持ち家いずれにせよ、予算は高くも低くも設定することが可能です。

お子様の教育方針や自分の趣味嗜好と照らし合わせて、人生の総予算の中での全体最適になるように考えたいものです。

持ち家か賃貸かは、あなたの価値観の問題です。