神様を体感するってどういうこと??

神様を体感

「神様」や「愛」という言葉は、それぞれが育ってきた環境や文化的背景によって、

さまざまな意味合いが加わるので、一人ひとりこの言葉から喚起されるものが違うと思います。

私は、「神様」というのは、概念ではなく、Gさんが体感したように、感じることができる存在だと思っています。

私が育った家庭は、特に信仰があるわけではなく、たまに初詣に行く程度で、神様を意識したこともありませんでしたが、

40代で、いきなり「神様」というものを体感した出来事がありました。

友人に誘われて、九州の山の中にある神社の大祭に行ったときのことでした。

奉納演奏が始まったとたんに、はるか昔に、その同じ場所で、

神様と一つになって踊っていたという感覚を、ありありと思い出したのです。

神様がどんなものか知らないのに、そのときは何の疑いもなく、神様と思ったというか、わかったという感じでした。

たとえて言えば、ずっと慕い続けてきた人に告白したら、相手も同じ気持ちだとわかって、

ひしと抱き合ったというような感じで、少しの隙もなく一つになっている感覚でした。

いくつもの前世のイメージが次々と表れました。

時間にしたら、数分ぐらいだったと思うのですが、あまりにも強烈な感覚だったので、そこから意識が今に戻ってきたとき、

「昔はあんなに神様と1つだったのに、時代を経るにつれてなんて遠くなってしまったんだろう!」という感慨にとらわれ、

それから長い時間呆然としていました。

九州から戻ってすぐ、たまたまメソポタミア文明展を見る機会があり、出土したメソポタミアの土人形を見たときに、

「あんなふうに、いつも神様とやり取りしていたっけ」と、なぜか思ったのです。

その後、もっと強くはっきりと、神様を実感する出来事が何度かありましたが、それについてはまた別の機会にしたいと思います。

あれほどの無限の愛から離れてしまったことで、私たちの多くが

心の奥に孤独感とか分離感というものを抱くようになったように思えてなりません。