カラーで変わる!第一印象の重要性の根拠とは?

第一印象の重要性の根拠とは?

どんなときに似合う色を使うのか。

一般的に、人の第一印象は数秒(7秒以内)で決まると言われています。

その7秒で、だいたいの印象は決まってしまいます。

そう、どんなに素敵な人でも数秒で自分のイメージが相手にインプットされています。

良い印象だといいですよね?

でも、思いもよらず悪い印象だったことないですか?

・冷たそう

・暗いイメージ

・うるさそう

などなど……。

決してそうではないのに、自分とは違うイメージでインプットされているときってありますよね?

その後、自分を理解してもらえる状況だったら挽回できるのですが、そのままだった場合……。

わかりやすく言うと、企業やアルバイトなどの面接やお見合いなんかは、この第一印象が凄く大事なのです。

・もう1回お会いしたい

・誠実そう

・知的

・明るく積極的

初めて出会う人に、自分を最大限にアピールする。


そう、好印象を持ってほしいときに役に立つのが「似合う色」なのです。

もう、とにかく私を見てほしい!! というときなんかは絶対必要です!

喋らなくても自分についてプレゼンしなくても、相手に良い印象を与えることが、色を使えば可能なのです。

私達人間の五感の中で、視覚からの情報は80パーセント以上と言われています。

色の理論を知って、自分を最大限に輝く色と上手に付き合えれば、いつでも第一印象良く輝いた人になれるのです。

生まれてきてから今までの自分。好きな映画や好きな音楽。好きな食べ物。

こんなにたくさん自分について語らなくても、一瞬にして輝いた自分を見てもらえるのです!!

モノで例えてみると……。

コンビニに行ったとき、食べたことのないスイーツや飲み物でも、「おいしそう」と思うのはパッ

ケージの色やそのスイーツの色ですよね。

まだ食べてないのに「おいしそう」と思う。

イチゴが乗っていたりすると、イチゴ好きな人にはおいしそうに思える。

だけど、そのイチゴの色が悪かったら?

鮮やかな赤じゃなかったら?

おいしそうに思えますか?

ね、色って大事ですよね。

コレが欲しいな~と思って、欲しいものを選びに行く。

そのモノに色がついてなかったら……。

すぐに選べなかったりしませんか?

じっくりと機能や成分などを調べないとわからない。選べない。

瞬時にして、手に取ってもらえる商品には色の効果は必要不可欠。

第一印象が良ければ、必ず良い印象を持っていただけます。

そして、後々ご縁ができます。

そしてそのご縁は、似合う色1つで得ることもできるのです。

第一印象がいかに大切か。

これから、その場面を多く体験するであろう10代・20代の方。

味方につけてください。

そして、10代・20代に第一印象の大切さを伝えることができる大人世代の方々も。

伝えるだけではなく、自ら試してみてくださいね。

大人世代の方、高価なエイジングケアクリームを買わなくても、確実に5歳は若返ります。