著者一覧

そらまめ - DV加害更生プログラム 講師

東京都在住。30代女性、1児の母。現在も同居中の家族と元気に過ごす。都内のDV加害者プログラム、ケアプログラムと出会い、DVについて学ぶ。DVに早く気づき、自分の人生を取り戻すことの重要性を広める活動を始めている。夢は、DVや基本的な身体の知識など、生きるのに必要な知識を高校生ぐらいから身につけることの大切さを広めることと、非暴力の世の中を目指すこと。

田中 紀行 - 理学療法士

生涯、自分のからだと向き合って行くことで、多くの物事にトライできると思います。しかしながら、様々な身体の状態により実現できずにあきらめることも少なくありません。そんな想いから少しでも解放されるよう、身体・こころのすべての面からサポートしたい。PHYSIOMEDは皆様の健康をサポートすることを大きな目的としています。あきらめずに人生を豊かにする再チャレンジをしましょう。きっと道はあります。

井上 きき - 笑み育カウンセラー

イライラ、くよくよしながら不機嫌に過ごすのではなく、ワクワク、ウキウキしながらごきげんに過ごしたいと思いませんか? わたしは、うつ病の母親に育てられ幼少期のほとんどは、母からうるさがられて過ごす日々でした。何をしても責められ、自分が存在することに罪悪感を感じていました。 そんな体験からわたしの内側は自分を責める心の声ばかりだったのです。同時に両親の離婚という体験により、自分は父親に捨てられたんだと思い込み、劣等感が強く完璧主義であることもわかりました。 これらのトラウマが原因で、わたしは何をしていても不安で、あらゆることに自分を責め、がんばってもがんばっても自分を満たすことができない苦しみの中にいました。 そのような日々に、10年をかけてメンタルコーチング、食育、NLP、心理カウンセリング、インナーチャイルドセラピーなど様々な学びを重ねてきました。 とくに、インナーチャイルドセラピーによりトラウマを解消したことが大きな転機となったのです。これらの学びによってようやく、自分をごきげんにする方法を身に付け、それらを集約した【笑み育ワークシート】を完成させました。

増田 美穂子 - カラーリスト/ウェディングプランナー/接客・マナー講師/ (社)A・F・T 1級彩コーディネーター/ (社)BIA認定ブライダルコーディネーター

ブライダルの仕事を通してカラーに興味を持ち、カラーリストの第一人者 田岡 道子氏に師事。カラーの魅力を多くの方々に伝えるためパーソナルカラー診断を中心にカラー講座やスタイリングアドバイスを行う。またホテルでの接客経験を生かし、接客・マナー講師およびブライダルアドバイザーとしても活動中。

桒野 靖士  - アトピー改善アドバイザー

1980年生まれ、大分県出身。大阪大学人間科学部卒業後、大手メーカーに経営企画スタッフとして勤務。入社の数カ月後からアトピー性皮膚炎を発症。2年間ステロイドを使うが改善が見られなかったため、25歳のとき脱ステを決意。激しいリバウンドの最中に出会った分子栄養学に可能性を感じ、ほぼ独学で学ぶ。3年間の試行錯誤の末、アトピーの症状はすべて消えた。しかしその後、ココロの不安定さから人間関係やお金の問題に悩むこと更に3年。仕事を転々とし、最後は1年間の無職無収入を経験。自分を変えたいと心理学や感情について独学で学ぶ中で、1冊の本をきっかけに社会復帰。自分にできることは何かを考えた末、アトピーの体験・知識を伝えることを決意。

ジェニィ明紀奈 - セルフケアクリエーター

静岡市出身。愛知県春日井市にてアロマ、オンサ、カラー、クレイ、瞑想、ヨガなど五感を使ったセルフケアと、ハーブやナチュラルフードなど自然療法を生かした生き方をご提案するセルフケアクリエーターです。heaven's gardenと銘打った小さな家庭菜園で無農薬の植物を育て、自給自足的生活をしているゆるいヴェジタリアンでもあります。「自分の健康と幸せは自分で作る」をモットーに自ら心身のケアができる豊かで幸せな地球人を増やすべく活動中。いつか国境がなくなり地球が一つになったとき、愛の星としての地球を代表する人になれるよう「トキメキ宇宙美人」を目指しています。性別、年代を超えた「トキメキ宇宙美人」にあなたもなりませんか?ちなみにジェニィという名前は、ジェニー人形に似ているとお友達がつけてくれたニックネーム。そのままビジネスネームにいただきました。一方MOCHA(もか)というアーティスト名で、歌を作って歌ったり作品を制作したり、パフォーマンスやライブをするなどの活動もしています。心と魂が織りなす波動を肉体を通して表現する。生きることは苦悩の連続ではなく喜びへと変化するものです。愛という形がわかりにくいものを音、言葉、色、香り、形に投影していきます。この本ではイラストやセルフポートレートを担当しました。家族はジュリアという名前の猫で、ブルームーンという薔薇がシンボルフラワーです。

HIROMI - ヨガインストラクター

大学卒業後、OLやドレスコーディネーターの仕事を経験。本当にやりたいことは何なのかを探しながら悶々と過ごす中、あるとき仕事やプライベートでの心労が重なり、体調を崩したことをきっかけにヨガに出会う。心身ともに自分を救ってくれたヨガを、多くの人に伝える立場になりたいと思い、ヨガインストラクターを目指す。OLを続けながらヨガインストラクターの資格を取得し、退職後ヨガスタジオでインストラクターデビュー。「ベーシックヨガ」「骨盤ヨガ」のレッスンを担当する他、グラビティヨガやピラティスとのコラボレッスンなど、さまざまなレッスンを経験。結婚後、フリーヨガインストラクターに転身。「マタニティヨガ」「産後ヨガ」「産前産後の骨盤アドバイザー講座」修了。地域のイベントでのレッスン開催や、カフェやレンタルスペースなどで、主に産後のお母さんを対象としたヨガレッスンやセミナーなどを企画・開催。現在は一人一人に合わせたパーソナルレッスンや、骨盤セルフケアのイベントレッスンなどを行っている。

渡邊いくみ - 応用社会学修士

宮城県生まれ。応用社会学修士。進学塾にて、中学受験・高校受験を控える生徒に文系科目(主に英語と国語)を指導。その後転職し、大型商業施設のWEBサイト運営業務に従事。出産を機に退職、2012年埼玉県川口市にて英語で遊べる親子サークルをスタート。現在は三兄弟を育てながら、「HIMAWARI-英語と育児の親子教室-」を主宰すると同時に、子どもに英語を学ばせたい保護者と個人経営の英語講師をつなぐため、「英語講師のためのWEB屋」として活動中。

中川愛友希 - 占い師、女性起業家

1959年東京生まれ。1980年日本電子専門学校電子情報処理科一期生卒。1993年までIT技術者として勤務。「中川はるみ」名で著書に「いちばんやさしいBASIC」ナツメ社1989年、「いちばんやさしいパソコンの話」ナツメ社1990年、「はじめて使うページメーカー」ナツメ社1990年、「MACINTOSH TOOL-BOOK To Handle Figure スプレットシートを操る」冬樹社1991年がある。1978年、初めてタロットを手にする。1982年〜1983年タロットの先駆者である辛島宜夫氏と榊その氏、西洋占星学の先駆者である訪星珠氏に師事を仰ぐ。1991年〜1993年「島明実央」(しまあきみお)名にて月刊誌「Windows Magazine」に占いを連載。1994年、IT業界を去り「島明奈央」(しまあきなお)にてタロットと西洋占星学の他、四柱推命、気学、64易、数霊にも通じ占い師として本格活動。携帯電話のコンテンツなども手がける。2000年、有限会社サイデリアルサイン設立。コンサルタント業務にも着手。1994年から約33000件の鑑定実績があり「中川愛友希」と改め現在も個人セッションを中心に活動中。

蓮井 慶子 - 「Lotus position」 代表

BESJ認定マットピラティスインストラクター/イギリスにてスポーツセラピーを学び、帰国後、リラクゼーションサロンやスポーツクラブ、テニスクラブなどに勤務。その後ピラティスインストラクターの資格を取得。フリーのピラティスインストラクターとして活動。2010年南青山を拠点に「Lotus position」を開業。2014年に恵比寿に移転し、「Lotus position Ebisu」とする。また、より知識を深めるため2014年BESJ認定マットピラティスインストラクターを改めて取得。栄養コンシェルジュ®2つ星を獲得し、今後は栄養面のアドバイスも加え「自分がやりたいことをやるための身体作り」を行っていく。元々は極度の運動音痴で運動嫌いのめんどくさがりの飽き性。それでも続けられるピラティスってスゴイと思っている。

入江 佐和 - 中小企業診断士

京都府出身。中小企業診断士となり、グローバル目線での人材育成サービススキル、ものづくりにおいての商品開発や顧客管理カウンセリング等の経歴を基礎に、企業プロデューサーの地位を築く。NHK大河ドラマ地域プロジェクトのディレクションは常連組。現在は、経営者たちの相談役として、また事業承継のためのビジネスリメイクのデザインなど社会貢献に余念がない。

大河原 英治 - 美容ジャーナリスト・美容師

1981年、静岡県静岡市に生まれ。美容ジャーナリスト・美容師として活動中。美容師として日本最高峰のヘアデザインアカデミーで主要3クラスのディプロマを取得しヘアデザインを極めようと猪突猛進していた。ある時期、世の中の女性の多くが髪の悩みを抱えていることを知る。ヘアデザインの素材である髪・頭皮がヘアカラーなどの薬剤や年齢からホルモンバランスの変化による様々なトラブルに晒されている危険を感じ、「髪の病院」に参加する。一般的な美容室の仕事である「ヘアデザインを中心としたサロンワーク」と「素材である髪を安心・安全・健康をもとにしたサロンワーク」を融合させるために活動中。

杉山 元浩 - 感情カウンセラー協会認定カウンセラー

静岡生まれ。広告、写真会社の勤務を経て、カウンセラーになる。自分を好きになれない人、自分に自信が持てない人が、苦手な人間関係から楽になるサポートをしたい想いで書きました。私自身、父を反面教師として育ち、父から自由になることが青年期の生き方でした。29歳のとき、腎不全という病になり、治ることを諦めた頃、家族の元に帰る気持ちになりました。父の会社で働くことを決めたとき、急に手術が決まり、身体は治りました。偶然とは思えない不思議な流れがありました。苦手な人に向き合えたこと、許しを進めたことは、カウンセラーに導かれたきっかけです。この本で取り上げることの多くは私自身の体験です。

山口 寛人 - NPO法人オルタナティブビレッジ 代表理事

神戸市出身。ゼネコンや建築事務所に勤務後、引きこもりや不登校生の心理カウンセラーを経て農の世界へ。まちとむらをつなぐコーディネーターとして、都市で環境保全型農業の推進のためマルシェやアンテナショップを運営。その後、自然栽培の稲作農家として活動しながら、海外で学んだ持続可能なコミュニティ創りやオルタナティブな教育活動を神戸の里山で実践中。

桃さい - 恋愛占い師

1973生まれ、宝塚市在住。20代、30代のとき婚活に苦しんだことから占いにハマり将来占いをやってみたいと思うようになったことが占い師になるきっかけである。37歳のとき結婚。現在一児の母。家庭と育児の合間に占いを行っている。著者本人も結婚が遅く婚活に苦しんだことから相談者のほとんどは40代女性であり同世代目線での占いが評判となる。姓名判断、四柱推命、九星気学、タロット占いを使い様々な方面からの占いに定評がある。もっと占いを婚活に活用してほしいという思いから相性に特化した占い教室なども行っている。今後はシングルマザーや子育て中の女性でも自立ができるよう女性起業セミナーや、子育てや子どもとの関りに役立つ子育て世代のための占い教室もスタートする予定である。

寺石 佳世 - 食育工房Ambrosia代表

1970年生まれ、兵庫県出身。神戸女子大学を卒業後、病院で管理栄養士業務を経験。その後、フリーランスで活動を開始。企業や市町村における健康教室、婦人・老人・PTA等各種団体主催の講座などで講師を務める。幅広い食の知識を元に、各種学校などで栄養学や食育関連の講座を担当している。飽食の時代だからこそ、食べ物を選ぶ力を身につける必要があるとのスタンスで、すぐに実践できる食の知識を伝えている。また、茶道裏千家淡交会青年部に所属(茶名は『宗佳』)。食文化はもちろんのこと、日本の伝統文化を大切にし、それを継承していくために精力的に活動している。1児の母として、家庭でも食育を実践中。

亀井 理香 - 美骨美人専門家 

1966年生まれ、兵庫県出身。1993年結婚、3人の息子を出産。18年間、育児家事に専念。2011年、整骨院併設サロンにて美容家としてデビュー。サロンで働きながら様々な資格を習得。期待以上の結果を出すとの評判で、予約の取りにくいサロンとして定着。2014年12月、美容整骨師の資格を習得。2015年1月、美容整骨&エステサロン「ビクトワール」をオープン。48歳で女性起業家となる。

林 真理子 - ヨーガセラピスト

1980年生まれ、京都府出身。大手飲食チェーン店勤務ののち、京都かめおかぼーるDONUTに移り、イベントや手作り市でドーナツを販売。仕事やプライベートでのストレスにより、鬱やパニック障害のような症状が出始めると同時に妊娠、出産。シングルマザーとなる。そのときヨーガ療法と出会い、ヨーガ療法士となる。生きるのがしんどい世の中に、ホッとできるモノを創造することが人生の使命と感じている。

小川 容子 - 心理カウンセラー

1962年生まれ。福岡市在住。小学校講師として2年間、知的障がい・自閉症・ダウン症の子どもたちと過ごす。その後、スポーツクラブで15年間水泳のコーチとして勤務。その間、結婚、二人の子どもの出産、離婚を経験。半年後、周りの反対を押し切って、子連れ再婚。心の病に。長いトンネルを抜け、復活後にメディアの仕事を始める。モデルとしてテレビ番組・CM・ラジオ・舞台出演などの経験を積む。モデルの傍ら、留守家庭子ども会の指導員として勤務。さまざまな家庭事情を抱えた子どもたちとの関わりの中で、保護者(特に母親)のカウンセリングの必要性を痛感する。日本メンタルヘルス協会、衛藤信之氏から心理学を学び、心理カウンセラー資格を取得。2016年よりカウンセリングルームNana's Lap(ナナズラップ)をオープン。“心に寄り添うカウンセリング”は、明るい声と笑顔で元気になれると多くの悩める女性からの支持を得ている。

奥野 宮子 - 奥野霊能相談所 所長

東日本大震災を機に霊能者として亡き祖父でもある守護霊より命を受け2011年4月自宅にて霊能相談を始め、霊能者となる。2013年10月大阪、枚方市駅近くに奥野霊能相談所を設け、霊能活動はもとより、セミナー、講演会をも不定期に行う。亡くなった人の思いを伝え、前世、守護霊を解き明かし、人生全般の悩みの相談を受ける。その傍ら、ブログなどを通じインチキ霊能商法に一石を投じる。

辻 洋介 - ボディプランニング 代表

1977年生まれ、熊本県出身。東和大学在学中にスポーツクラブ・スパウェルネスのインストラクターとなる。卒業後、スパウェルネスの契約社員を経て、クラブ初のパーソナルトレーニングのプログラムを立ち上げる。同時にボディプランニングを設立し(2006年)パーソナルトレーニングが人気のプログラムへ発展した。2011年福岡市南区に「ソフト整体ボディプランニング」の店舗をオープンする。メディアに紹介されたことをきっかけに、パーソナルトレーニングメインの施設となる。同時進行で、ボートレーサーを目指す人たちのサポートをスタート。艇学スクールの体力責任者となり、多くのボートレーサーを生み出す。2014年福岡県筑紫野市にボディプランニングを移転。ボディプランニングでのパーソナルトレーニング、ボートレーサー試験予備校艇学福岡スクールを同時進行で現在に至る。音楽活動、ラジオ出演なども行っている。

平尾 知子 - カウンセラー、コンサルタント、講師

1972年生まれ。高校生の頃に描いた未来予想図は「20代は遊び、30代は子育て、40代から仕事、55歳までに資産形成し、それ以降は社会貢献」。高校卒業と同時に実家を離れ、「自分の生き方」を模索する中、心理学や自己啓発の本に出会い、「自分探し」の20代。ホテル、生命保険、損害保険、製造業の事務、30代はシングルマザーとして二人の息子の育児と仕事の両立に奮闘。35歳でマイホームを建てる。そして40歳目前で会社が倒産。その後、会計事務所、会社役員を経て、2016年8月に起業。波欄万丈な人生ながら、未来予想図を着々と実現してきた。数秘術、占星術を学び、その理由が、自分の生まれた日にあったと知る。世の中に、引き寄せや成功法則があふれる今日、まだ成功していない人も、自分だけの成功法則は必ず見つかるはず。子どもたちが未来に夢をもてるよう、自分らしく幸せに生きる大人がどんどん増えてほしいと願いながら活動している。

三箇 則人 - 株式会社みらい協育代表取締役兼ユリウス登戸教室室長

1968年大阪府生まれ、3歳から18歳まで広島県福山市で過ごす。1991年に日本長期信用銀行(長銀、現・新生銀行)のシステム開発会社へ就職。8年後の長銀経営破綻を機に損害保険・生命保険販売の職に転職。3年後の2003年から川崎市にある個別指導教室を中心に室長業務を担当し、趣味はドラマやお笑い番組・バラエティー番組を観ること。家族は妻と娘2人。

鳥越 玲子 - 骨盤調整インストラクター

エアロビック競技選手としてスズキジャパンカップ東日本大会にて6年連続ファイナリスト。選手引退後、それまでに激しいトレーニングやダンスで身体を酷使し、偏った使い方で出来上がった身体の歪みを治療しながら月平均70本のレッスンを抱える中、レッスン中に膝を怪我して歩行困難になる。インストラクターを休業中に骨盤調整を学び、「もう整体通いはしない! 自分で治す!」と決意、本格的に骨格調整について学びはじめる。自身の怪我をきっかけに始めた骨盤調整によって、長年の悩みであった冷え症、太りやすい体質やO脚の改善に成功。その経験を生かし、グループ、パーソナルレッスンを始める。現在、クライアントを国内、海外にも持ち、2014、2015年とミス・ユニバース・ジャパンのビューティーキャンプ講師も務める。オムロン運営の健康情報メディア「Rhythm」(リズム)のアンバサダーとして「目指せ! 桃尻道場♡」を配信中。

濱本優 - パーソナルヨガインストラクター

会社員時代、体の不調からヨガを始め、体と心が整うヨガの魅力にひかれる。第一子出産後、産後の老け顔を治すべく、高津文美子式顔ヨガ養成講座、35yoga養成講座を受講後、ヨガインストラクターとして名古屋市を中心に活躍。2015年おうちヨガサロン「uiYOGA」オープン。0歳からの子連れOK、1回のレッスンでも効果がわかると好評を得ている。

しかくら かおる - 一般社団法人古代日本の癒し普及協会代表理事

【ライター・編集業】をなりわいとしています。フリーランスで仕事をするようになってからもう十数年経ちます。奇跡的。おもに、旅行のガイドブックです。沖縄に行くことが多いです。八重山諸島に行くことが多いです。【からだと心のヒーリングスタジオ真南風ma-pai】を主宰しています。常磐線・馬橋駅のすぐ近くです。沖縄旅で出会った一人旅の女の子の話を聞いているうちに、このような癒しの場の必要なのではと感じ、2007年10月にオープンしました。

Kyoko - 「じぶんとなかよくなる」実践家

キネシオロジーやさまざまな経験を通して「自分と仲良くなることの大切さ」に気づく。そこから世界の見え方が変わり始め、特別なことがある日も、ない日も、日々しあわせを感じながら人生を歩み始める。現在は、一人でも多くの方の「自分と仲良くなるきっかけ」をつくるべく、ブログでの発信、キネシオロジーのセッション、講座などを行っている。

坂本 洋子 - Birth of Heart

モノが人を幸せにしてくれると思っていたバブル時代を謳歌しましたが、 結婚後に介護を経験したことで、モノでは人は幸せにはならない、 自分自身がどうなりたいのかという「想い」こそが幸せになる為の 唯一のものだと知ります。そこで、心理学やアートセラピーと出会うことになります。私自身も含め、この世に生を受けた全ての人達に…イメージしたものをアートで表現する手法を通して…自分自身の望む幸せを掴んで欲しいと思っています。(財)生涯学習開発財団 アートワークセラピスト(財)生涯学習開発財団 シニアアートワークセラピスト(株)クエスト総合研究所 メンタルケアーアドバイザー日本メンタルヘルス協会 公認カウンセラー

米田 忠伸 - からだ相談室

1964年生まれ、大阪府出身、理学療法士。ボイタ法にて、子どもの訪問リハビリ・大人のからだの調整いたします。からだ相談室は、滋賀県・京都市を中心に、ボイタ法を使った『子どもの訪問リハビリ』と大人の方の『からだの調整』を行っています。ボイタ法は、子どもの運動障害に対する代表的な運動療法の一つです。また、からだの調整とは、大人の方を対象にボイタ法を使って、姿勢や運動を整えることで、痛みを和らげ楽に動けるようにすることです。腰痛や首痛、背中の痛み、側弯症といった背骨の問題はもちろん、それに合併した肩こりや頭痛、神経痛(坐骨神経痛や腕のしびれ)、膝・肩などの関節痛、O脚変形なども治していきます。背骨の姿勢や運動が整うことがどんなに楽なことか、からだ相談室で実感ください。

大向 雅 - 観光専門の福祉タクシー「MIYABI WELCAB」

1964年生まれ、奈良県出身。観光福祉タクシーMIYABI WELCABで 歴史とロマンあふれる古の都奈良の観光に出かけませんか。踏み出す一歩のお手伝いをモットーに観光経験豊かなドライバーが楽しく分かりやすく丁寧にエスコートいたします。車いす用のリフトが付いた車両を使用しておりますのでお体の不自由なお客様も安全で快適に観光を楽しんで頂けます。 荘厳で雅な空気に包まれたワンランク上の贅沢で豊かなご旅行をぜひ体験してくださいませ。