鈴木 紗絵子
ペアレントトレーニングファシリテーター鈴木 紗絵子

「子どもの成長に大人のガミガミは不要!

必要なのは適切なサポート」と考え活動している。


一生懸命叱っても子どもに響かない、

一生懸命言い聞かせても同じことを繰り返す子育ての難しさに直面し、

通信制大学にて心理学を学ぶ。そこで子育てに役立つ研究やプログラムを学び、

自ら実践。子育てが楽になり、ぐっと楽しくなる。


同時に、子育てのスキルが一部の保護者にしか届いていないことを実感し、

2014年よりペアレントトレーニングファシリテーターとして活動を開始。


「誰でも受けられるペアレントトレーニング」をテーマに、

地域のコミュニティーカフェでの開催、リクエストに応じた出張開催、

個別ペアトレやビデオ通話での開催も行っている。

略歴

大学卒業後、大手メーカーに入社。

総合職としてワーキングマザーをしていました。


双子を妊娠し、産休、育児休暇を取得後、

双子1歳のときに職場復帰して時短勤務スタートしたけれど、

険しい道のりでした。


双子がそろって登園できるのは、月に5日だけ…。

有給も看護休暇も使いきりました。


法律関係の部署でしたが、

産前に担当していたような緊急を要する案件は担当できなくなりました。

仕事を満足いくレベルに仕上げられないもどかしさ、

評価が下がることへの焦り。


家に帰れば、子どもの夜泣きで眠れない毎日。

時間がないのに言うことを聞かない子どもたち。


初めての育児と、仕事との両立に苦しみました。

時間がない中で、効率を求める以前に、

子どもにどう対応してよいのか迷うことばかり。

とにかく毎日を無事に過ごすことで必死でした。



復帰後3年目、悩んだ末、退職。

その後三男を出産しました。

子育てと仕事の両立はもちろんのこと、

「子育てほど難しい仕事はない」と痛感しました。


本を読んでみても、うちの子に当てはまるのかどうか分からない。

みんながそうでも、うちの子がそうとは限らない。

どうしたらいいのだろうと迷う日々でした。


そこから、私の子育ての勉強がスタートしたのです。

母になってから、大学で心理学を専攻し直し、学びを深めました。


「もっと子育てについて勉強しやすい環境があれば、こんなに迷うことがなかったのに…」という強い想いから

2014年4月、子育てお悩み相談室を開設。

”今日からおうちでできる””昨日より一歩前に進める”をテーマに、

多くのお母さん方に子育てのコツを伝えています。


2014年秋〜

”誰でも受けられる”ペアレントトレーニングプログラムを毎月開催!

(ペアレントトレーニングファシリテーター養成研修修了)

発達障害のお子さんのお母さん、発達障害が気になるお母さん、発達障害の診断有無に関わらず子育てに難しさを感じているお母さん方に

具体的で実践的な子どもへの対応法を伝えています。


全国各地のお母さん方から、

「具体的で実行しやすい」

「気づいたら叱る回数が減った!」

「子育てがしんどくなくなった!」

「ストレス激減!」

と感動の声が届いています。


★☆所有資格等☆★

公益社団法人日本心理学会認定心理士

一般財団法人日本能力開発推進協会認定チャイルドコーチングアドバイザー

一般社団法人日本医療福祉教育コミュニケーション協会認定発達障害コミュニケーション初級指導者

一般社団法人日本行動分析学会会員

大正大学カウンセリング研究所

ペアレントトレーニングプログラム ファシリテーター養成研修修了

日本ペアレント・トレーニング研究会会員

リリース書籍

うちの子、なんでこんなことするの? ~イライラママの子育て術~

うちの子、なんでこんなことするの? ~イライラママの子育て術~

詳細はこちら

HP・ブログ・Facebook