西野 絵美子
「くつろぎ空間 多羅」代表西野 絵美子

東京生まれ。高校時代に訪れた心療内科で、初めて話を聴いてもらって癒された体験から、カウンセラ-を志し、学習院大学で心理学を専攻。

二人目を出産後、極度に衰弱して、10年以上治療に明け暮れる生活に。

いくつものスピリチュアルな体験を通して、心と体と魂の密接なつながりを実感し、自身を癒しながら様々なセラピ-を学び、2000年から、フラワ-エッセンス、ヒプノセラピ-、数秘を中心に、心のサポ-トを始める。

略歴

2002年に、「そこに居るだけで心からくつろげて元気になるスペ-スを作りたい」という長年の思いを形にして、

木曽の開田高原に、無垢の木と土壁、オ-ガニック塗料を使った木聲舎(もくせいしゃ)を建て、

毎年夏には、植物との交流ワ-ク等の合宿セミナ-を開催。

また、開田高原に咲く花からオリジナルエッセンスを作成。

その後、コ-チングを習得し、その人らしさを引き出して夢を叶えるサポ-トも行なっている。

リリース書籍

HP・ブログ・Facebook