堀野 温代
風・声のデザインルーム堀野 温代

風・声のデザインルーム 主催


国立音楽大学卒業。

東京コンセルヴァトワール尚美声楽科講師を務めた後、ミラノへ留学。


 イタリア各地へ渡り経験を積み、数々のオペラで主役を任される。

現地で独自の声楽への考えや発声法を見つけることに成功する。


 帰国後はNHK-FM出演や多くの演奏会を行い、CDデビュー。

元昭和音楽大学及び同短期大学声楽科講師。


 現在声楽だけではなくバレエなどにも精力的に注力し、日々声楽や音楽に向き合った生活を送る。

略歴

日本歌曲においては初演を多数行っている。

また、郷里の仙台や東京でもリサイタルを開催している。


イタリアオペラは演奏会形式により、「椿姫」「ラ・ボエーム」

「ナヴァラ&パリアッチ」「バタフライ」などを歌っている。


身体表現の訓練を始めてからは、舞踏家との共演により、

パフォーマンス・フェスティバル・イン檜枝岐、除夜舞等に参加し、自らを磨いた。


1998年8月より、サンタ・マルゲリータ・リグレ夏季セミナーに度々参加し研鑽を続けている。

現在、「風・声のデザインルーム」を主宰し、呼吸法の追求と発声法の開拓を試みながら、

クラシック以外の分野の方にも、わかりやすいレッスンを行っている。

リリース書籍

HP・ブログ・Facebook